眼精疲労やドライアイを防ぐためには、コンタクトを使わない方がいいと言えます。 なぜなら、コンタクトは裸眼やメガネよりも眼に負担をかけるので、眼精疲労やドライアイになりやすくなってしまうからです。 特に、コンタクトをつけた状態でパソコンを使用すると、角膜の知覚機能が低下する可能性があるでしょう。 また、涙の分泌量が減ってしまうので、その結果、眼が乾きやすくなります。 その上、パソコンに集中すると、瞬きの回数が普段と比べてとても少なくなりがちです。 すると、当然、眼が乾きやすくなってしまいます。 つまり、ドライアイを引き起こす可能性がとても高くなるということです。 コンタクトを使うのであれば、使用上の注意をよく守った上で、ヒアルロン酸ナトリウム入りの目薬などで目を潤すようにしましょう。 もし、少しでも眼の調子が悪いと感じたら、コンタクトを使わないようにすることも大切です。 それに、眼病を予防するためにも、定期的に眼科で検診を受けるようにしてください。